|ハイブリッドOS|File System|ARM|Android|Java|制御システム|オープンシステム

 

2014年 社員日記

 

2014年 社員日記

2014年 社員日記
フォーム
 
高尾山へ行こう その6
2014-11-13
こちら順調に進んでいる、びわ滝チーム。
 
[写真 その16]
 びわ滝コースは、写真のように登山道と小川が一緒になっている場所があります。ちゃんとした靴を履かないと、靴がびしょびしょになってしまいます。でも、こんな道にめぐりあえるのも、山登りならではの醍醐味ですね。
 
[写真 その17]
ここらでひと休み。普段飲んでいるお茶が、山登りではより美味しく感じられます(^-^)
 
[写真 その18]
階段が見えてきました。いよいよ頂上間近です!この心臓やぶりの階段を登りきれば、ゴール!!ここまで黙々と歩き続けてきましたが、ラストスパートをかける為にも、ここでしっかり休憩を取ります。あと、ひと踏ん張り、頑張れ!!
 
【高尾山へ行こう その7へ続く】
 
高尾山へ行こう その5
2014-11-13
問題のかつら林チーム。
 
[写真 その13]
何とか頑張って登ってきましたが、上を向くと頂上の気配が全く感じられない。「結構頑張ってるんだけどなあ...。」山登りの厳しさに、早くもへこみ気味。
 
[写真 その14]
と思ったら、アビイ・ロードごっこが始まりました(笑)多分、口ずさんでいる曲は「HELP!」でしょう(笑)まあ、ふざける元気があるので、まだまだ大丈夫そうです。
 
[写真 その15]
登山の途中で見る事が出来た紅葉の景色。うーん、素晴らしい!!絶景かな、絶景かな♪
 
【高尾山へ行こう その6へ続く】
 
高尾山へ行こう その4
2014-11-13
さてさて、びわ滝チーム。
 
[写真 その10]
登山道から撮った為、山林に隠れてしまいちょっとわかりづらいかもしれませんが、これがびわ滝です。聞いた話によると、びわ滝チームは登山に夢中になってしまい、脇目もふらず黙々と歩いていた為、びわ滝を見るのを忘れてしまったんだとか(笑)びわ滝チームの皆さんは、この写真でびわ滝を堪能して下さい(^^;
 
[写真 その11]
ひたすら黙々と歩き続けます。びわ滝コースのいいところは、小川のせせらぎが絶えず聞こえる事。沢山の緑に囲まれ、せせらぎの音が聞こえていれば、確かにそれだけで気持ちよくて登山に集中してしまうかもしれませんね。もしくは、写真を見ると結構道が狭く大変そうなコースなので、登山に集中せざるをえなかったのかもしれません。
 
[写真 その12]
びわ滝チームの写真の中では貴重な笑顔の一枚(笑)登山を楽しんでるのが伝わってきますね。
 
【高尾山へ行こう その5へ続く】
 
高尾山へ行こう その3
2014-11-13
一方、かつら林チーム。
 
[写真 その7]
こちらもケーブルカー駅前でパチリ。「ケーブルカー、高尾山の三分の一までしか行かないんだってー」「えー、二分の一くらい行って欲しいよねー」この先、思いやられます...。
 
[写真 その8]
ケーブルカーから降りた後も「景色いーな」「あそこら辺が立川じゃないっすかー?」「写真撮ろう」和気あいあい楽しそうに、非常にマイペースに景色を楽しんでいます。「いい景色見れたし、このまま降りちゃっていいんじゃないですか?」コラコラ(^^;
 
[写真 その9]
ようやく重い腰を上げ、登山道に突入。結構なけもの道に一同怯えながらも、なんとか歩き始めました。
 
【高尾山へ行こう その4へ続く】
 
高尾山へ行こう その2
2014-11-13
まずは、先陣を切ったびわ滝チームのご紹介。
 
[写真 その4]
ケーブルカー駅前にて。「がんばるぞ、おー!!」やる気マンマンですね♪(やらされているように見えなくも無いですが(笑))幼稚園児に負けないよう、頑張って下さい(^-^)
 
[写真 その5]
ケーブルカー駅までの舗装された道も無くなり、いよいよ山道へ入ります。久しぶりの山登りにドキドキ。
 
[写真その6]
前日雨が降っていた事もあり、道は少々ぬかるんでいたようです。また、ゴツゴツとした石が道にむき出しになっていたりと、びわ滝コースは中々骨のあるコースのようです。社長、ガンバレー!!
 
【高尾山へ行こう その3へ続く】